沖縄移住で仕事を探すなら知らなきゃ危険な理想と現実とは

沖縄移住お役立ち情報

「毎日忙しくストレスのたまる仕事から解放されたい。」

「沖縄でのんびり優雅にリゾートライフを送りたい!」

「だけど、実際のところ仕事ってあるのかな?ちゃんと生活していけるのかな?」

沖縄移住を真剣に考える人であれば必ず心配になる事です。

たしかに、日本全国を見回した時に、リゾートライフという素敵な言葉がぴったり当てはまるのは沖縄くらいじゃないでしょうか?

かくいう私自身も、本当はハワイに住みたいというあこがれを持っていたハワイ大好き人間でした。しかし、ビザや仕事面などいろいろと考えると現実的ではありませんでした。そこで、国内で一番ハワイに近いところはどこだろう?と考えた結果沖縄移住を決意した一人です。

沖縄はハワイや海外に移住するのとはとは違って、言葉が移住の障壁になるわけではありませんから、仕事を探すのは難しくないだろうと考えていたんです。

ところが、東京で育った私にとって沖縄での仕事探しは理想と現実のギャップがあまりにも大きく驚きの連続でした。とは言っても、今現在は大手外資系企業に就職出来、余裕をもって沖縄生活を送れています。

それでは、これから沖縄移住をして新しい仕事を探す際には、どんな事に気を付けたら良いでしょうか?

この記事を読むと、沖縄のお仕事事情や収入や環境がイイ仕事を探す時のコツが分かります。

沖縄の仕事事情とお給料はどうなるの?

沖縄県と全国の賃金の差がどのくらいあるかご存知ですか?

元々横浜で不動産の営業をしていた私は、出来れば沖縄でも営業で稼いでいきたいと考えていた為、移住をする前から営業関係の仕事を探し始めました。

そこで、転職サイトをみてみると、基本給16万、17万なんていうのは当たり前の世界。

「いやいや、こんな給料じゃ生活できないでしょ・・。」

それは基本給25万+インセンティブで生活していた私にとっては驚くべき事実。

「まぁ、多少は給料が下がるかもしれないけど、沖縄で暮らせる事を考えたら少しは我慢できるだろう」と安易な気持ちでいた自分にとって、沖縄移住が急に遠い現実に思えた瞬間でした。

国税庁が出している統計によると、日本の平均年収が420万円なのに対して、沖縄の平均年収が369万円と大きく下がります。

東京などの大都市から移住する人であればさらにその差はさらに開きます。

じゃあ沖縄でいい給料の仕事は無いの??

いえいえ、ちゃんと沖縄にも稼げる仕事はあります。

ただ、東京のように日本の平均年収を超えて大きく稼げるかというと、もちろんそうではありません。ただ、沖縄で生活するには困らない程度の仕事であればちゃんと探せば巡り合えます。

私自身、不動産の営業ではなくなりましたが、日本の平均年収は軽く超えるくらいのお仕事に就くことはできました。

もちろん、タイミングや運も大切な要素ですが、仕事がなさそうだからと最初から沖縄移住をあきらめてしまうのは非常にもったいないです。

沖縄でのいい仕事を見つけるの探し方

「沖縄は仕事が少ない」と思われがちですが、求人自体は沢山あります。実際に「アグレ」という地元の求人誌(タウンワークみたいなやつ)は結構分厚かったりします。

ただ、沢山求人があるからといっても給料がいいお仕事が沢山ある訳ではありません。ごく一部だけが「いい仕事」と呼べる求人なんです。

私が思う沖縄でいい仕事、すなわちそれなりにお給料がもらえるお仕事を探す時のコツは3つあります。

1.エンジャパン・リクルート等の大手求人サイトを利用する

給料の良い仕事に就く近道は沖縄の企業よりも、サービス業を除く内地又は外資の企業に就職する事です。一昔前は内地に本社がある企業でも沖縄の従業員は賃金が安くされるという問題がありましたが、今はそういう会社は少なくなっています。

そういう会社が一番最初に求人を出すのは間違いなく大手の求人サイトです。沖縄に移住するなら沖縄限定の沖縄の企業が運営する求人サイトが良いのではと考える人がいます。もちろん、掘り出し物的な企業の求人がある事もありますので、視野を広げるのはいいと思いますが、より効率的にと考えるなら大手のサイトに絞るべきです。

実際私の会社は外資系の企業ですが、エンジャパンやリクルートで大きく広告して、日本全国から移住ありきで沖縄で働ける人材を募集したりします。その方が優秀な人材を獲得できるからです。

その後求人が集まらなければ沖縄の求人サイトやハローワークに掲載する流れとなりますが、ほとんどそこまでは行かずに人材は決まってしまいます。

2.内地の企業の転勤で移住する

誰でも出来る事ではありませんが、一番安心して移住できるのはこの方法です。

私の東京の友人は、沖縄へ転勤したいという希望を会社に出し続け、2年後に実際にそれが叶い移住してきました。現在は北谷という街に住みながら那覇まで頑張って通っています。お給料はというと、転勤に伴って役職が付いたため、東京でもらっていた収入より若干良くなったとの事。

沖縄には大手の企業は少ないと思われがちですが、コールセンターであったり支社が那覇に集まっている為、実は内地の田舎の地方に比べれば全然多いんです。

3.横のつながりを大事にしつつしっかり仕事を見極める

沖縄は人と人との距離が近い為、横のつながりから仕事がもらえるケースは少なくありません。知り合った知人から「こんな仕事あるんだけどやってみないか?」と声を掛けられるケースも多いでしょう。もちろん、そこからいい仕事に巡り合う可能性はありますが「本当に自分がやりたい仕事なのか?」「生活していけるだけの給料がもらえるのか?」「ブラック企業ではないか?」というところは慎重に見極めなければいけません。

特に仕事の当てもなくふらっと沖縄へ移住した人にとっては、とにかく何でもいいから仕事しようと、あせって決めがちです。どんな仕事でも構わないという事なら別ですが、少しでもいい給料をもらいながら、沖縄で仕事をしたいという事なら慎重に見極めるべきです。知人の紹介だからと安易に仕事に就いてしまい後で後悔する移住者は少なくありません。

沖縄はゆるーく仕事できると思ったら大間違い?

「沖縄ならこのストレスから解放されてゆったりのんびりな仕事や生活ができるはず!」わたしが東京から移住した理由の一つです。

でも実際に仕事を始めた私が感じたのは「沖縄の人もめっちゃ働くじゃん」という事。移住の前は「天気がいい日は海でオリオンビールでも飲んでるんでしょ!?」なんて本気で想像していましたからね。

一部沖縄の企業ではまだまだ労働環境が整っていない会社もある為、サービス残業や休日出勤は当たり前なんてところもあります。転職先によっては、沖縄へ移住した事で今よりも仕事をする事になるかもしれません。

でも、私的にはあの満員電車から解放されただけでもかなりストレスは無くなった気がします。

都会でバリバリ仕事していた人にとっては・・・

私を含め都会でバリバリ仕事をしていた人にとって、今までの仕事のリズムと沖縄の仕事のリズムの違いにイライラしてしまう場面が必ずあります。

時間にルーズだったり(といっても遅刻は余りない)仕事のルールが適当だったり。私の周りを見ると、単身で都会から移住をしてくる、お仕事バリバリ女子なんかはこの傾向が強いように感じます。もしあなたがお仕事テキパキ系の人間なら、沖縄へ移住したらこういう現実が待っている事を覚悟しておきましょう。

移住してから決めたっていいじゃない

と、ここまで沖縄のお仕事事情についてお話ししましたが、私は

「移住してから決めたっていいんじゃない?」って事です。

採用する企業側としても、まだ沖縄に住んでいない人を雇うのは

「沖縄の生活が合わなくてすぐに辞めるんじゃないか」というリスクを背負うより、沖縄にすでに住んでいる移住者を雇いたいと思うものです。

実際に沖縄の生活が肌に合うかもわかりませんし、もし合わなくて帰る事になっても、それは失敗なんかじゃなくて

「自分は地元の生活が好きなんだ」って事を確認出来た事になるだけです。

沖縄移住は考えすぎるとできません。少しの勇気と行動できっとあなたの新しい世界が開くはずです。あなたの沖縄移住を待っています!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました