コロナ後の沖縄旅行はいつから行ける?住民の反応は?最新情報画像あり

沖縄旅行に役立つ情報

コロナが終息に向かいつつある5月末日。そろそろ自粛生活にも限界が訪れてどこかへ旅行に行きたい頃ですよね?自粛要請が全国で解除されたとわいえ、いつから沖縄へ旅行していいものか悩むところです。

5月末日現在、沖縄も自粛規制が解除されていますので、旅行には行く事が出来ます。そもそも自粛ですから沖縄に来たところで犯罪にはなりません。しかし、このご時世、自粛要請中に芸能人の山田孝之さんや新田真剣佑さんらが沖縄旅行したとして、バッシングされてしまいましたね。このサイトへ来られた方も、そんな世間の目も気になるのではないでしょうか?

コロナが終息に向かっているけど、沖縄旅行にいっても大丈夫?

自粛や3密を気にしながら遊べそうな場所ってどこ?

今の沖縄は旅行できる状況なの?

沖縄在住の私がこんな疑問に率直にお答えします。

スポンサーリンク

沖縄旅行はいつから行ける?

このままコロナが終息に向かい、第2波が来ない事を過程するならば、7月下旬からの夏休み旅行、おぼん旅行は出来るのではないでしょうか。6月や7月上旬からとしなかったのは雰囲気の問題です。まだ、自粛の影響は1ヶ月以上は続くと考えられますので、旅行に来たとしても心から楽しめない可能性が高いです。その理由としては

  • お店がやっていない
  • 沖縄県民、従業員のみんなが歓迎している訳ではない
  • 周りの目が気になる

ただ、この状況でも沖縄に来る人は来ますし、どれだけコロナが終息しても自粛を続ける人はいるでしょう。海外のような政府からの明確な指示や命令が無い限り、この辺りは性格の問題であると思います。

また、今年は学生たちが夏休み返上で授業に出なければならない状況が考えられるため、沖縄に例年通りの旅行者が沖縄に殺到するとは考えられません。

様々な研究がされているので断定はできませんが、アメリカ政府によると、紫外線や高温多湿の環境がコロナを減少させるという研究結果が出ています。通常のインフルエンザと同じように日本の高温多湿の夏の環境はコロナ第2波を抑える可能性はあります。

大前提として体調が少しでも悪いと感じたらキャンセルしなければならない事は言うまでもありませんが。

そもそも沖縄住民はコロナ後の旅行者を歓迎するのか?

5月末現在、100%旅行者を大歓迎できる雰囲気ではまだありません。

政府からの自粛要請中に沖縄に遊びに来ている人も少数ですが存在しました。毎日の地元のニュースでも空港の到着ゲートから出てくる旅行者の顔を移さないようにしてインタビューなどしていました。沖縄県民としては、正直、自粛期間中に旅行に来る人の事をほとんどの人が白い目で見ていたと思います。デニー知事も観光業がメインの沖縄に来ないでくれとまで発信していた状況でした。

ですが、緊急事態宣言が解除された今は大人数でぞろぞろという状況でなければ観光客を歓迎したいという雰囲気に変わってきています。政府からのガイドラインによると6月19日には県をまたぐ移動自粛の緩和が示されています。0~一気に100にという状況にはならないと思いますが、特に19日以降に徐々に変わっていくのではないでしょうか。

 

現在の沖縄観光地国際通りの状況 画像あり

okinawabeach

5/27撮影、沖縄アウトレットモール近くの美らさんビーチです。本来なら海で遊ぶ旅行者や地元の人であふれる人気のビーチですが、人はまばら。観光客らしき人はいませんでした。

5/27撮影 国際通り牧志駅側。ほとんどのお土産店はシャッターが閉まっています。開店しているのはごく一部。観光客の姿はありません。

makishi

牧志公設市場のアーケード街です。時間は15時。通常であれば多くの人でにぎわう人気の観光地も人がいません。お店もシャッターが下りているところがほとんど。

多くの若者や観光客で賑わう国際通りの中心地も人がいません。長くこの街を見ていますがこんな状況はもちろん初めてです。

ukishimast

おしゃれなお店が並ぶ浮島通り。ここにも人は歩いていません。

このように、緊急事態宣言が解除された5/27現在でもこの状況ですので、観光客が戻るのにはまだまだ時間が掛かりそうです。

また、人がいないだけに観光客という事が変に目立ってしまうというのも、旅行者として心理的に負担となる可能性もあります。

コロナ後でも安心な密集しやすい沖縄の観光地

okinawachuraumi

コロナ後に旅行に行ける状況になったとしても、3密を避けなければならない状況は、しばらくの間続くことが考えられます。沖縄旅行で人気のスポットで3密になりやすい場所は

  • 美ら海水族館:特にジンベイザメの水槽の目の前は人が多く集まる密閉された空間に
  • 公設市場:観光シーズンには多くの人が道をすれ違います
  • 居酒屋:狭い空間に大勢の人が密着します。特に人気の1000ベロなどは他人との距離が近くなります。

コロナ終息後には旅行代金が半額になるという政策が7月ごろには始まるのではないかとされています。安心して旅行出来てかつお金も節約できる状況になってから沖縄旅行するのが無難ではあるでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました